たけびんの徒然日記(^^)

志賀高原年越しスノボ旅行

毎年恒例の年末年越しスノボ旅行。
今年はコロナ禍ってこともあり、大勢で行くことはヤメとなりました。
ただ、せっかくの豪雪を逃すのはもったいないので、Tom氏と2人で志賀高原へ行くことに決定。
20年以上スノボをやっているのに志賀高原は未開だったので楽しみです(*´ω`)

 

年末年始の信越は大雪の予報。
と言うか、出発前日から既に降り始めているようです。
少し前に高速で大規模な立ち往生が発生したこともあり、ちょっとしたことで区間通行止めが起きそうなので、早めに出ることにしました。

 

1時半に出発。
まずは横川SAで朝飯。

f:id:take-bin:20210325000228j:plain

f:id:take-bin:20210325000117j:plain

サービスエリアのフードコートはコロナ禍でも深夜に食事ができる貴重な場所ですねぇ。

 

f:id:take-bin:20210325000121j:plain

最近かき揚げうどん率が高いなぁ。
地元でラーメンばかり食べていると、温かい和風だしが恋しくなるんですよね(*´ω`)
カレーも和風だしベースで美味しかったです。

 

高速を降り、湯田中を超えたあたりから爆雪に。
今回泊まるのはスイスインというホテルなのですが、そのちょい手前が道がかなり急な坂になってました。
その下り坂で目の前を走っていた新型RAV4が壁に刺さってました・・
Tom氏の車も横を向きそうに(^^;
ホテル予約時に[4WD車+スタッドレス必須]って書いてあったらしいんですが、帰る時に登れなくなるからなんでしょうね。

 

何とか車をへこませないでホテルへ。

8:20着。

f:id:take-bin:20210325000124j:plain

静止画像でもわかる爆雪度合い。

 

ホテルに入り、広々とした更衣室で着替えてから初日スタート!
まずは一番端っこの奥志賀高原をめざします。

f:id:take-bin:20210325000128j:plain

f:id:take-bin:20210325000132j:plain

西館山は大雪でしたが、すぐ目の前の東館山はさほど降っておらず。
雲の流れが速いのかな?
なんにしても雪質は最高です!
しかもコースに人が少ない。

 

f:id:take-bin:20210325000135j:plain

一の瀬ダイヤモンドに向かう頃には再度雪が。

 

f:id:take-bin:20210325000139j:plain

焼額山では日が出る時も。

 

奥志賀に繋がってるコース入口に何やら看板が。。

f:id:take-bin:20210325000142j:plain

残念ながら奥志賀には滑っていけないようなので断念することに。

 

その分焼額山で楽しみました。

f:id:take-bin:20210325000146j:plain

 

焼額山でパウダーを堪能した後は レストラン[ウエストサイド]で昼飯。

f:id:take-bin:20210325000155j:plain

毎年混む大晦日なんですが、さすがに今年は少ないです。

 

f:id:take-bin:20210325000150j:plain

f:id:take-bin:20210325000159j:plain

プリンス系のレストランはどこも美味しい!
(ちょっとお高めだけど)

 

その後も雪が降ったり止んだりを繰り返してました。

f:id:take-bin:20210325000202j:plain

f:id:take-bin:20210325000206j:plain

f:id:take-bin:20210325000211j:plain

雪質は終始良好。

いや~、堪能しました!

 

初日は15時半で終了。

チェックインして部屋でくつろぐことに。

f:id:take-bin:20210325000214j:plain

3人部屋で広々!

やっぱりベッドだと布団敷かなくていいから楽だなぁ~。

 

部屋からはジャイアントスキー場が見えました。

f:id:take-bin:20210325000218j:plain

にしても、上がってから晴れてくるんだもんなぁ~(;´Д`)

 

こちらのホテル、風呂がおっきくて快適!

露天までついてます。

しかも9:00~12:00を除いていつでも入れます。

早速ひとっぷろ(*´ω`)

 

18時半から夕飯。

ブッフェスタイルです。

f:id:take-bin:20210325000222j:plain

f:id:take-bin:20210325000225j:plain

f:id:take-bin:20210325000314j:plain

和洋折衷(^^;

盛り付けセンスなんてありません。

f:id:take-bin:20210325000318j:plain

いつも通り食いすぎて腹が苦しい。。

 

飯の後はベッドに入ってすぐに落ちました。

初日終了。

 

翌日は6時起き。

誰もいない温泉であったまった後はベッドでゴロゴロしながら朝飯待ち。

7時半になったら食堂へ。

f:id:take-bin:20210325000321j:plain

元旦ってことで正月メニューあり。

おせち料理が好きってわけでもないんですが、なんか嬉しい。

 

2日目も朝から雪がバンバン降っています。

f:id:take-bin:20210325000325j:plain

 

とりあえず動画を少しだけ撮りました。

西舘山ワールドカップコース下部。

ちょっとした脇パウがチョー楽しいです。

 

その後、この後の予定の話し合い。

横手山&熊の湯に今日行くか、それとも明日行くか。

結果、今日行くことになりました。

ターミナルの[山の駅]からシャトルバスで向かいます。

f:id:take-bin:20210325000328j:plain

 

30分程走り、横手山第1リフト前着。

山の駅では普通の降雪でしたが、標高が上がったからか、横手山は降雪量が増しました。

まずは横手山頂上を目指すことに。

 

で、頂上は吹雪いてました。

f:id:take-bin:20210325000332j:plain

f:id:take-bin:20210325000336j:plain

 雪はともかく、風がシンドイ(;´Д`)

 

とりあえず一番端の渋峠ホテルへ。

f:id:take-bin:20210325000339j:plain

インディーくん元気かな~?と考えてましたが、後から調べたら1年前に亡くなっていたとのこと。。

合掌。

お子さんのマーカス君は元気にしてるとのこと。

 

にしても、さすがは標高が高い横手山

雪質はピカイチ!

フワッフワです。

もう少し斜度があればガンガン脇に入りたいとこでしたが。。

吹雪いていて視界が悪く、どこからが深くなってるかさっぱりわからないんですよね(^^;

止めておいてよかったw

 

吹雪のため少し滑っただけで身体が冷え切ってしまいました。

暖を取るのと遅めの昼飯を食べるため、横手山山頂ヒュッテへ入ることに。

f:id:take-bin:20210325000342j:plain

f:id:take-bin:20210325000346j:plain

f:id:take-bin:20210325000349j:plain

f:id:take-bin:20210325000353j:plain

ボルシチ最高でした!

あったまるぅ~(*´Д`)

 

思ってたより時間が経過していたため、熊の湯は断念。

シャトルバスで山の駅に戻り、西館山で少し滑って15時半で上がりました。

 

本日の夕飯。

f:id:take-bin:20210325000356j:plain

なぜか汁物のもつ煮を他のおかずと一緒の皿によそうおバカさん。

 

f:id:take-bin:20210325000400j:plain

やはり食べ過ぎて苦しむことに。。

本日も早々に就寝。

 

翌朝は6時起き。

今日も起きたらすぐに温泉。

朝風呂サイコーですねぇ(*´ω`)

 

f:id:take-bin:20210325000405j:plain

朝飯をガッツリ食べたら荷物をまとめてチェックアウト。

荷物はいったん車にしまいますが、着替え時にはまたホテルの更衣室を貸してもらえます。

 

最終日はあまり滑っていなかった東館山スキー場周辺で。

f:id:take-bin:20210325000408j:plain

f:id:take-bin:20210325000412j:plain

規模は小さいんですが、タンネの森オコジョスキー場の景観がとてもよかったです。

斜度もちょうどよかったなぁ~。

 

昼飯は高天ケ原マンモススキー場の[だけかんば]で。

f:id:take-bin:20210325000501j:plain

f:id:take-bin:20210325000506j:plain

定番のカツカレー。

なんか素晴らしく美味しかったな~。

ゲレンデマジックじゃなく、日常の外食で食べたとしても美味しかったと思います。

ここオススメ(*´ω`)

 

食事が終わったのが13時半。

充分滑ったのでこのまま上がることにしました。

3日間おつかれっした!

 

帰りは運転を交代しつつのんびりと。

地元に着いてからバーミャンで飯を食って帰宅となりました。

f:id:take-bin:20210325000517j:plain

 レタスチャーハンさいこー!

 

コロナ禍の中、若干の引け目もありましたが、最高の雪質の中で存分に滑れて楽しめました。

今年は去年と打って変わって雪が豊富になりそうなので、長く楽しめるシーズンになりそうですね~。

次はどこのゲレンデに行きますかねぇ(*´ω`)

雲取山登山

今年の冬休みなんですが、出勤最終日となる28日に年休を取ったため、26日から9連休!

正月は年またぎで志賀に行きますが、それだけだと休みがもったいないのでどこかに登山しに行きたいな~と考えてました。

すると26日の南関東は晴天の予報。

さっそく登りたい山リストから良さげな山を選択します。

結果、鬼滅の刃で若い子からの知名度が上がった雲取山へ登ることに決めました!

 

4時に出発し、

6:15 丹波山村村営駐車場着。

f:id:take-bin:20210320202315j:plain

駐車場の時点でかなり冷え込んでいます。

外気温度を見ると‐2度。

寒いはずだわ。

のんびりと登山の準備をしていると、空が少しずつ明るくなってきました。

 

f:id:take-bin:20210320202318j:plain

トイレが綺麗です。

ありがたい(*´ω`)

 

準備も完了したので出発!

6:45 登山開始。

f:id:take-bin:20210320202323j:plain

のぼりが炭治郎&禰豆子の服の柄だ(^^;

 

アスファルトの道を5分ほど進むと登山道入り口へ。

f:id:take-bin:20210320202326j:plain

久々のロングだ!

 

f:id:take-bin:20210320202330j:plain

歩きやすい斜度で快適♪

 

鼻歌気分で歩いていたら、自転車に抜かされました。

f:id:take-bin:20210320202334j:plain

おぉ。。。

これぞホントのマウンテンバイク。

山頂まで頑張るんだろうか?

凄すぎる。。

 

f:id:take-bin:20210320202338j:plain

荒めの石垣。

 

f:id:take-bin:20210320202341j:plain

サンラーイズ!

いや~、いい天気になりそうだ~!

 

f:id:take-bin:20210320202346j:plain

なんでも、このあたりは平将門が追われた言い伝えがあるとか。。

この後いくつかの看板を見かけることに。

 

その看板の近くにこんな表示。

f:id:take-bin:20210320202351j:plain

鬼滅の刃で知られた後に貼られたんでしょうかねぇ。

結構距離があるし、無計画&軽装で入ったら確かに危ないですしね。

 

f:id:take-bin:20210320202354j:plain

f:id:take-bin:20210320202359j:plain

「如何にも壊された風呂の形に見える」

う~ん。。 さすがに無理があるような。。

 

f:id:take-bin:20210320202410j:plain

富士山見えた!

 

f:id:take-bin:20210320202414j:plain

最初の分岐。

 

8:50 七ツ石小屋着

f:id:take-bin:20210320202446j:plain

f:id:take-bin:20210320202417j:plain

う~ん、やっぱり自転車に違和感(^^;

 

f:id:take-bin:20210320202421j:plain

小屋からも素晴らしい景色(*´ω`)

 

f:id:take-bin:20210320202443j:plain

軽く休憩したら再出発。

 

f:id:take-bin:20210320202455j:plain

この分岐を東に行くと、日原や奥多摩方面へ。

 

f:id:take-bin:20210320202459j:plain

f:id:take-bin:20210320202503j:plain

七ツ石神社で参拝。

 

9:20 七ツ石山着

f:id:take-bin:20210320202507j:plain

f:id:take-bin:20210320202513j:plain

山頂標識かっけー!

 

f:id:take-bin:20210320202516j:plain

富士山はまだ綺麗に見えてます。

雲出るな~!

 

f:id:take-bin:20210320202521j:plain

南アルプスもクッキリ!

 

f:id:take-bin:20210320202525j:plain

f:id:take-bin:20210320202529j:plain

f:id:take-bin:20210320202534j:plain

ここから気持ちいい尾根歩き!

 

f:id:take-bin:20210320202539j:plain

いくらでも撮れるなぁ(*´ー`)

 

f:id:take-bin:20210320202543j:plain

気持ちよく歩いていたらグリップが。。

これだから中華物は(;´Д`)

(わかってて買ってる自分が悪い)

元の位置に戻してもすぐに下がってしまいキモチワルイ。。

 

f:id:take-bin:20210320202547j:plain

でも景色はサイコー!

ピーカンサイコー!

 

f:id:take-bin:20210320202551j:plain

誰がなんのために。。

 

f:id:take-bin:20210320202554j:plain

山の連なりが素晴らしい。

 

f:id:take-bin:20210320202648j:plain

f:id:take-bin:20210320202651j:plain

気温は低いんですが、軽い登りを歩いているのと、日が当たってることでちょうどいい暖かさです。

 

f:id:take-bin:20210320202656j:plain

お、なんか広場がある?

 

f:id:take-bin:20210320202659j:plain

f:id:take-bin:20210320202704j:plain

めっちゃ砂が舞いそう(^^;

 

f:id:take-bin:20210320202707j:plain

少しショートカットする道があるみたいです。

帰りはそっちを使ってみようかな。

 

f:id:take-bin:20210320202711j:plain

この場所は結構な斜度でした。

下りは気をつけないとコケそうです。

 

f:id:take-bin:20210320202721j:plain

ん~、富士山に雲がかかり始めた。。

 

f:id:take-bin:20210320202729j:plain

こちらの分岐からも日原に行けるみたいですが、現在は崩落により通行止めとのこと。

 

f:id:take-bin:20210320202732j:plain

その分岐のすぐ脇に小雲取山(*´ω`)

 

f:id:take-bin:20210320202736j:plain

小屋が見えてきた!

 

f:id:take-bin:20210320202743j:plain

あともう少し!

 

f:id:take-bin:20210320202746j:plain

着いた~!

 

f:id:take-bin:20210320202750j:plain

f:id:take-bin:20210320202753j:plain

富士山が雲に隠れる前に着けました!

 

f:id:take-bin:20210320202757j:plain

来た道を望む。。

 

・・なんて浸っていたら、道標に「雲取山山頂」の文字が??

ありゃ、ここが山頂じゃないの??

 

f:id:take-bin:20210320202826j:plain

後ろを見ると・・

ありゃw

少し先に山頂標識がある(^^;

 

今度こそほんとに山頂着。

11:05登頂。

f:id:take-bin:20210320202834j:plain

f:id:take-bin:20210320202842j:plain

f:id:take-bin:20210320202845j:plain

140年近く前か~。

スゴイですねぇ。

 

f:id:take-bin:20210320202850j:plain

f:id:take-bin:20210320202853j:plain

にしても、やっぱり結構な距離ですね(^^;

厳しい急登が無いのが救いでした。

 

軽く休憩したら下山します。

f:id:take-bin:20210320202904j:plain

綺麗なトイレ。

・・が、匂いは結構キツかった(^^;

協力金入れが見当たりませんでしたが、見逃したのかな?

それとも良心的な山頂トイレ?

 

下りは紐をしっかり締めなおします。

f:id:take-bin:20210320202907j:plain

ホント履き心地良好です。

いい靴に巡り合えたなぁ(*´ω`)

 

11:30 下山スタート。

f:id:take-bin:20210320202914j:plain

帰り道もいい景色!

 

f:id:take-bin:20210320202918j:plain

ただ、富士山は雲にヤラれてしまいました(´・ω・`)

 

木の枝に熊鈴が掛けてありました。

f:id:take-bin:20210320202923j:plain

落とし物を誰かが掛けたのかな?

 

行きは見過ごしたダンシングツリー。

f:id:take-bin:20210320202927j:plain

f:id:take-bin:20210320202935j:plain

こんな特徴的な木を何で見逃したんだろ?(^^;

にしてもほんと面白い形ですねぇ。

 

f:id:take-bin:20210320202939j:plain

帰りはできるだけ登り下りの少ないまきみちで。

 

f:id:take-bin:20210320202944j:plain

足を踏み外したらなかなか止まらなさそうですね(^^;

 

遠くの山の山頂に何か白い建物が。。

f:id:take-bin:20210320203014j:plain

f:id:take-bin:20210320203018j:plain

後から調べたら、奥多摩の大寺山山頂にあるこちらみたいでした。

ちょっと興味あるなぁ~。

こんど行ってみよ(*´ー`)

 

f:id:take-bin:20210320203022j:plain

f:id:take-bin:20210320203027j:plain

湧水? 小さな滝?

昼過ぎなのにカッチカチでした。

 

f:id:take-bin:20210320203034j:plain

お、民家が見えてきた。

 

f:id:take-bin:20210320203038j:plain

行きは暗くて目に入らなかった廃屋。

 

f:id:take-bin:20210320203044j:plain

f:id:take-bin:20210320203047j:plain

廃屋って何か寂しいですね。。

 

登山口に着いた~!

f:id:take-bin:20210320203051j:plain

後はアスファルトのみ。

 

駐車場が見えてきました。

f:id:take-bin:20210320203055j:plain

f:id:take-bin:20210320203058j:plain

ワゴンRくんただいま!

14:15 下山

おつかれさまでした~!

急な下りも無かったため、膝も痛くならずに終了できました。

心地よい疲労感(*´ー`)

 

お腹が減ったので、ふれあい館で奥多摩清流定食を食べようと思います。

f:id:take-bin:20210320203102j:plain

・・が、

 

ドーン!

f:id:take-bin:20210320203105j:plain

残念。。(´・ω・`)

 

ってことで、帰り途中にあったピッツェリア馬車道でピザとスパゲティを堪能しました。

f:id:take-bin:20210320203109j:plain

f:id:take-bin:20210320203113j:plain

f:id:take-bin:20210320203117j:plain

ピザ食べ放題とスパゲティ1皿にドリンクバーをつけて1300円ちょいでした。

こんなにコスパがいいお店だったとは思ってませんでした。

たまに寄ろっと(*´ω`)

 

YAMAPデータ

f:id:take-bin:20210320203127j:plain

 

今回の登山も気持ちイイ晴天下で素晴らしい景色を楽しめました。

やっぱりピーカン登山はいいなぁ~!

次回も快晴を狙って登山したいと思います(*´ー`)

SPバイン小改造

先日の初滑りでSPバインの使い勝手が悪く感じる部分がありました。

今日はその対策を行います。

 

まずは後ろ足(軸足じゃない方)のトゥストラップ。

f:id:take-bin:20210301231249j:plain

こんな感じでブーツの爪先を覆うことになります。

このトゥストラップがいざ装着って時に下がってしまっていて靴がしっかり入らずハイバックのレバーが起こせないってことが多々ありました。

 

f:id:take-bin:20210301231259j:plain

こんな感じ。

 

スケーティングしている時だったり、装着しようとした時などに、軽く踏んづけたりして下がってしまうようです。

 

ネジ部の構造はこんな感じ。

f:id:take-bin:20210301231255j:plain

f:id:take-bin:20210301231252j:plain

ストラップのギザギザとギアのような円形の樹脂のギザギザで角度固定を行っているのですが、少し強めに力を掛けるとストラップの角度がずれてしまうのです。

そうやって動くようにしているのは、固定してしまうと踏んづけた時に折れてしまったりする可能性があるからかもしれません。

 

・・が、いちいちズレてしまうのはヒジョーにストレス。

なので、ストラップとバインの金属部に穴を開けタップでめねじを彫り、ガッチリ固定してしまいました。

f:id:take-bin:20210301231302j:plain

f:id:take-bin:20210301231305j:plain

f:id:take-bin:20210301231309j:plain

このネジをつけてる時はこのブーツしか使えなくなりましたw

あと、リアエントリーの構造上、現状より大きくフォワードリーンを変えることもできなくなりました。

まぁこの状態で満足してるし、センターも出ている上、ちょこちょこ調整するタイプでもないので、モーマンタイです。

もし、踏んづけたりして折れてしまったら、修理パーツを買って新たな方法を模索しようと思います。

 

次はハイバックのレバー。

f:id:take-bin:20210301231312j:plain

これですね。

 

ハイバックを倒した状態でスケーティングをしていると、レバーが雪面に当たるためか、レバーが完全に下まで下がり、こんな状態になります。

f:id:take-bin:20210301231316j:plain

 

で、こーなるとレバーが掴みにくくなり、引っ張り上げられなくなるんです。

FLOWの時はこんなことなかったんですよね。

レバーの形なのか、自分の使い方がおかしいのか。。

 

で、とりあえずハイバックやブーツとレバーの間に隙間ができるよう、ハイバックにゴム片を貼り付けてみました。

 

このレバーの下に。。

f:id:take-bin:20210301231323j:plain

 

小さなゴム片を貼り付け。

f:id:take-bin:20210301231326j:plain

 

これで、レバーが完全に下がりきらなくなりました。

f:id:take-bin:20210301231330j:plain

 

懸念として、レバーが雪面に引っかかるかもということなんですが、そんときゃハイバックが持ち上がってくれると思うので大丈夫でしょう。

f:id:take-bin:20210301231333j:plain

これだけハイバックが倒れれば、ブーツはスルスルと出し入れできますしね。

 

後は使ってみて、不具合があれば修正することにします。

年末年始に志賀高原へ行くので、調子良くなってるといいな~!

ホワイトワールド尾瀬岩鞍へ

今年はラニーニャ現象が発生しているとのことで、大雪に期待していました。
ですが、12月中旬になってもなかなか雪が降らない。。
富士山に至ってはほとんど冠雪してない状況。
(まさか去年と同じく年末まで降らないとか・・)
なんて思っていたら、16日から東北や北陸の日本海側で凄まじいドカ雪が降りました。
あまりにも一気に降ったため、関越道では立ち往生となった車が1000台を超え、ニュースになったくらいでした。
こりゃー滑りに行くしかないっしょ!ってことで、例のごとくTom氏とKさんと3人でスノボをしに行くことになりました。
出発直前に関越も通行止め解除になり、天然雪が豊富なゲレンデの選択肢が増えましたが、今回は沼田ICで降りてホワイトワールド尾瀬岩鞍へ行くことに決定!


駐車場に7時半着

f:id:take-bin:20210301223939j:plain
車少なーい!
関越道に走ってる車が少なかったので期待していたんですが、こりゃラッキー!

 

f:id:take-bin:20210301223944j:plain

さっさと着替えてゲレンデへ!

 

で、新しい装備(ブーツやバイン)に慣れてないことや、結構なフカフカバーンでハシャぎ過ぎてしまったことで、ゲレンデでの写真を撮るのを忘れてしまいました(^^;
まぁ、それだけ楽しい初滑りだったってことでw

 

今回初めてSPバインを使用しましたが、ちょっとした欠点が見つかりました。
快適にスノボする為にもこれは改造しなくちゃな~。

 

降り続ける雪と常に強く吹いていた風で冷え切ってしまったことと、その風のせいでゴンドラが動かずリフトへ人がなだれこみ、リフト待ちに時間をとられ、ちょっと嫌気がさしてしまったこともあり、12時半で早々に引き上げることにしました。
あっという間の4時間でした。
足慣らしなんで充分満足(*´ω`)

 

この後は昼飯。
途中に寄った道の駅[尾瀬かたしな]で食べることになりました。

f:id:take-bin:20210301223947j:plain

f:id:take-bin:20210301223952j:plain

f:id:take-bin:20210301223956j:plain

トレーを流す線路前には天ぷらが並んでいます。

はなまるうどんみたいですね。

 

みそバターうどんも気になったんですが、天ぷらが旨そうだったので、ぶっかけうどん(温)にかき揚げと舞茸天を追加で。

f:id:take-bin:20210301223959j:plain

腹減っていたこともありチョー旨かった!
ただ、てんぷらは冷えていたので、かけうどんにした方が良かったかも。

 

その後は温泉。
老神温泉郷にある湯元華亭さんで。

f:id:take-bin:20210301224003j:plain
空いてて気持ちよかったんですが、ちょっと自分の肌質にあっていなかったのかピリピリしました。
上がった後もむず痒い(^^;

 

f:id:take-bin:20210301224006j:plain

こちらは明治さん。
最近明治さんのは水っぽく感じるようになりました。
気のせいかな?

 

毎度のことですが、Tom氏と自分が爆睡する中で、Kさんは休憩もせずノンストップで車を走らせてくれ、18時前には家に帰れました。
いや~、ありがたい!

 

12月中旬に天然雪で初滑りができるなんて10年ぶりくらいでした。
今年はたくさん滑れそうです(*´ω`)
コロナ防衛はしっかりしながらガンガン遊びます!

御坂黒岳登山

新しく買った登山靴の調子を確かめるため、近くの山へ登山しに行ってみました。

行ってみたい山リストから短時間で昇り降りできる山をピックアップ。
どうせなら富士山を見たいので、今回は御坂にある黒岳へ行くことにしました。
いろんなコース取りができる山ですが、今回は2時間ちょっとで済むコースを選択。

 

5:45出発。
相模湖ICから中央道に乗り、河口湖ICで下車。
下道を30分程走り

8:00 すずらん群生地第1駐車場着。

f:id:take-bin:20210223231536j:plain

広い駐車場ですね~!

 

さっそく登山準備開始。
駐車場の気温は-1℃で結構寒いです。

 

f:id:take-bin:20210223231540j:plain

破風山山頂は雲に覆われてるなぁ。。
富士山に雲が掛からないといいな~。

 

f:id:take-bin:20210223231543j:plain

しっかり締めると甲の全体を均一にホールドしてくれます。
ん~、これは調子良さそう!
試しにキュウキュウに締めて登ってみて、不具合が出たら緩めてみようと思います。

 

f:id:take-bin:20210223231547j:plain
山梨はホント山が多いですねぇ。

 

8:20 出発!

f:id:take-bin:20210223231552j:plain

さぁて、ボルダーXミッドの調子は如何に!?

 

f:id:take-bin:20210223231556j:plain

駐車場から少し下るとT字路。
5~10月は水洗トイレが使えるようです。

 

f:id:take-bin:20210223231603j:plain

すずらん群生地は電気柵でぐるっと囲まれています。
出入口は上側に普通の柵、下側は電気柵となっています。
電気柵に足が当たったら痛いんだろな~(;´Д`)

 

f:id:take-bin:20210223231600j:plain

f:id:take-bin:20210223231607j:plain

この辺り一面に咲くのでしょうか?
見てみたいなぁ~。

 

f:id:take-bin:20210223231611j:plain

群生地から出るために、もう一つの出入口にある電気柵を通過。

 

f:id:take-bin:20210223231615j:plain

快適な道だ~(*´ω`)

 

・・なんて余裕ぶっこいてたら

f:id:take-bin:20210223231620j:plain

あれ??
行き止まり?

 

f:id:take-bin:20210223231624j:plain

思いっきり間違えてた。。

 

f:id:take-bin:20210223231628j:plain

200mほど戻ると登山口がありました。
テンションが上がってて見逃しました(;´Д`)

 

f:id:take-bin:20210223231631j:plain

舗装路通過。

 

f:id:take-bin:20210224204444j:plain

40分ほど歩くとちょっと景色が開けました。


登山靴なんですが、痛さは無いものの、ちょっと締めすぎたためか少し足が痺れました。
なので今度は逆にかなり緩めてみました。

それでも靴の中で足が滑る感じはありません。

登りは緩めで全然大丈夫そうですね。

 

f:id:take-bin:20210223231635j:plain

歩きやすくわかりやすい道です。

 

f:id:take-bin:20210224205129j:plain

ちょっと急になるところは、ジグザグのトラバース路になってます。


ここらで再度靴の感想。
岩や木の根などはいい感じのグリップ力ですが、硬い砂地は滑りやすく感じます。
すり減ったトレールグリッパーの方が上な気がする。
トレールグリッパーは岩場も食いつくし、あらためてあのソールはやっぱり秀逸だな~。

 

f:id:take-bin:20210223231639j:plain

一部崩落している場所がありました。
トラロープがありがたい。

 

f:id:take-bin:20210223231643j:plain
尾根に出た~!

 

f:id:take-bin:20210223231711j:plain

ここからでも絶景!
山頂に着くまでこのまま雲に隠れないでくれよォ~!

 

f:id:take-bin:20210223231715j:plain

尾根沿いは気持ちイイ!

 

f:id:take-bin:20210223231718j:plain

少しきつめの坂を登りきると・・

 

9:35 山頂着

f:id:take-bin:20210223231723j:plain

f:id:take-bin:20210223231727j:plain

山頂は見晴が良くありません。

 

f:id:take-bin:20210223231731j:plain

南に200m進むと展望台があるとのこと。

 

展望台からの景色がこちら。

f:id:take-bin:20210223231734j:plain

 
富士山と河口湖が一望できます!
やっぱり晴天下の富士山はええなぁ(*´ー`)

 

5分ほど景色を堪能したらさっさと下山。
登山靴ですが、まずは緩めたまま下ってみることにします。

f:id:take-bin:20210223231738j:plain

山頂脇にある潰れた山小屋。
かなり古そう。

 

f:id:take-bin:20210223231741j:plain

ここで分岐。
わかりにくい道標ですが、ドンベエ峠方向へ。

 

調子に乗って大股で歩いていると、硬く締まった砂地の下りはやっぱり滑りますね。
靴のクセがつかめてないってのもあるとは思いますが。
あと、さすがに紐がユルユルだと、つま先が靴の中の先端に軽く当たります。
痛くは無いですが、ここらでしっかりと紐を締めることにします。
締めると全く問題無し!
履き始めでこれだから、こなれてくればもっと履き心地良くなるだろうなぁ~!
いやぁ~、ホントいい靴に出会えました(*´ω`)

 

あらためて思ったのが、モンベルラップランドブーツはうまい具合にフィットしてたなぁ~ということ。
万人向けの柔らかい靴だったので、強く当たるところが少ないとはいえ、何となく選んで何となく買った靴だったんもんで。
見た目は地味ですが、機能的には今でもあの靴で充分だったりします。
重い荷物を背負うことが無い自分には、硬いシャンクが入った靴は歩きにくいだけで必要無いですね。

 

f:id:take-bin:20210223231745j:plain

真っすぐいくとドンベエ峠。
今回は靴の試し履きが目的なのでもう十分です。
ってことで左に曲がって最短距離で駐車場へ。

 

f:id:take-bin:20210223231749j:plain

シラカバが2本並んで綺麗に倒れとる(;´Д`)

 

f:id:take-bin:20210223231753j:plain

綺麗な道路に出ました。
ここから駐車場までアスファルトです。
靴底を減らさない様できるだけ枯草の上を歩くセコイおいら(^^;

 

f:id:take-bin:20210223231758j:plain

新道峠方向は通行止めになってました。
道路も綺麗にして、ちゃんとした展望台も作って、綺麗に富士山が見える名所にするのでしょうか。
昔のままだと車も数台しか停められませんしねぇ。

 

f:id:take-bin:20210223231802j:plain

にしてもホント綺麗になってますねぇ。
力入れてるなぁ~。

 

10:30 駐車場着。

f:id:take-bin:20210223231806j:plain

おつかれっしたぁ~!

 

f:id:take-bin:20210223231810j:plain

ワゴンR君ただいま(*´ー`)

 

この後はまず風呂。
ももの里温泉さん。

f:id:take-bin:20210223231821j:plain

f:id:take-bin:20210223231827j:plain

ちょっと塩素臭強めですが、人も少なく快適でした。
アルコール消毒と体温計測に加え、住所と名前の記入がありましたね~。
コロナはよ治まってくれんかなぁ。。

 

12:20 道の駅甲斐大和着。

f:id:take-bin:20210223231831j:plain

まずはお昼ごはん。
こちらには美味しそうなお蕎麦屋さんもあるんですが、自分は蕎麦アレルギーなので食べられず。。


なので軽食コーナーで。

f:id:take-bin:20210223231836j:plain

f:id:take-bin:20210223231841j:plain

f:id:take-bin:20210223231845j:plain

やっぱりかき揚げうどんはハズレが無いなぁ~(*´ー`)
かき揚げ天は関東だしの方が合うと思いますねぇ。

 

そして・・ こちらに寄ったのはこれのためだったりします。

f:id:take-bin:20210223231848j:plain

f:id:take-bin:20210223231852j:plain

ほしいも!

ちょっと値段が上がっていましたが、たくさん買っちゃいました。
ぜんぶ古屋農園のでも良かったんですが、10個しか残って無かったんで遠慮して5個に抑えました(^^;
代わりにたくさん入ってる方を3つとオマケの信玄餅
そういや信玄餅の詰め放題まだ行ったことないなぁ。
朝並ぶらしいけど、思い出したら行ってみよう。

 

今日は早く帰路につけたため、渋滞無しで帰れました。
17時帰宅。

 

YAMAP

f:id:take-bin:20210223231856j:plain

ボルダーXミッドですが、サイズを43インチ半にして大正解でした!
44選んでたらちょっと緩かったと思います。
履きなれてきたらなお緩くなるでしょうしねぇ。

 

ソールがダメになるまで使い倒したいと思います!

新たな登山靴

現在の登山靴のモンベル アルパインクルーザー2000。

f:id:take-bin:20210221220720j:plain

見た目が気に入って、実際に履いてもしっくり来たので即購入してしまったんですが、完全にサイズを間違ってしまい、ヤフオクへ売りに出すことにしました。

 

じゃぁ、今度こそしっかりとサイズを測った上で、再度アルパインクルーザー2000を!

・・って気にはなりませんでした(^^;
ワックス加工が思った以上に綺麗にできたことに満足しちゃったんですよね~。
さらに言えば、またこの靴を買ってワックス加工を施すと、登山のたびにセコセコ綺麗にしなきゃいけなくなり、気楽に汚せない気がしてしまい、なんか窮屈に感じてしまったのでした。

ってことで、新たにかっこいい登山靴が欲しくなりました。
今度はちょっと派手めな靴がいいかなと。
シャンクが硬めの靴は自分に合っていないと感じたため、コバが付いてるものはハナから除外。
ソールにカラーが入ってるものを中心に、見た目が気に入ったものを好日山荘石井スポーツに出向き、ちょこちょこ試し履きしに行ってました。

 

見た目で最有力だったのがこちら。

スカルパ ZGトレック GTX

f:id:take-bin:20210221221858j:plain

履き心地はかなり良かったんですが、上までしっかり締めた状態で足首を曲げると左足のかかとが痛い。。

 

見た目の次候補がこちら。

スポルティバ TX5 GTXf:id:take-bin:20210221221900j:plain

こちらは予想外に足幅が広すぎてガバガバ。。

スポルティバって足幅が狭いと思ってたので意外でした。

 

ここからは次点って感じで、どれかいい履き心地のがあればいいなといろいろ履いたもの。

スカルパ マルモラーダプロHD

f:id:take-bin:20210221222249j:plain

履き心地はかなり良かったんですが、自分にはシャンクが硬すぎました。。

 

AKU アルバトレック

f:id:take-bin:20210221222439j:plain

試し履きの時に長々と対応してくれた(させてしまった)石井スポーツの店員さんに、自分に合いそうだと勧めてくれた靴。

履き心地はかなり良く、シャンクは自分には硬めだけど歩きやすい。

ただ、どうしても[AKU]ってブランド名は無理でした。。

 

スポルティバ BOULDER X MID GTX

f:id:take-bin:20210221222814j:plain

見た目はかなり好きな上、履き心地はかなり良い。

若干爪先周りが広い感じ。

あと、web情報だと色落ち激しいとか。

 

LA SPORTIVA TX4 Mid GTX

f:id:take-bin:20210221223216j:plain

履いてすぐ「甲が窮屈」と感じて断念。。

 

SIRIO P.F330

f:id:take-bin:20210221223558j:plain

見た目はかなり好きでしたが、爪先周りがガッバガバ。

sirioは幅広とは聞いてましたが、まさかこれほどとは。。

 

MAMMUT Ducan High GTX

f:id:take-bin:20210221223740j:plain

悪くはなかったんですが、全体的にホールド感が弱めに感じました。


その他
スポルティバ TRANGO TRK GTX

f:id:take-bin:20210221224103j:plain

気になったので履きたかったんですが、石井スポーツに無かったので上記の店員さんに調べてもらったところ、2021年カタログ上で廃版になっているとのこと。

公式HPには載ってるんですけどねぇ。

残念。。

 

ザンバラン パスビオGT

f:id:take-bin:20210221224304j:plain

初心者向けらしいんですが、手で剛性感を確かめたところかなり硬めな上、ソールグリップも微妙とのレビューをいくつか見たため履きませんでした。

 

montbell テナヤブーツ

f:id:take-bin:20210221224457j:plain

履き心地はかなり良く、boaは非常に便利でした。

だけど見た目が地味すぎる。。

あと、岩と岩の間とかでboaを引っかけて壊しそうで怖い。

 

montbell ツオロミーブーツ

f:id:take-bin:20210221224640j:plain

履き心地はかなり良いのですが、やはり地味。。

 

1ヶ月ほどいろいろと試し履きをし、結果的に選んだのがこちら。

f:id:take-bin:20210221224803j:plain

f:id:take-bin:20210221224806j:plain

BOULDER X MID GTX!!
色落ちを考えてCarbon / Flame色も考えたんですが、やっぱり好きな色を選びました。

青と黄色の組み合わせはやっぱりかっこいい!


色落ちはある程度まではコロニルのテキスタイルボトルで延命できるかな~と。
色が落ちてきた時にまだソールが生きてれば染めQとかで色塗ってもいいですしね。

 

サイズは試し履きの時に43インチだときつめで44だと若干広め(共にショップで借りた厚手の靴下)って感じでした。
なら日本にはない43.5ならいいのでは?と思い、クライムスワールドというショップで並行輸入品を手に入れてみました。
こちら、サイズ交換もできるし(送料は掛かりますが)43.5できつかったら最悪44に交換してインソールを厚めの物に変えればいいかなと考えました。
結果、43.5でピッタリ!
履いているうちに少し伸びるみたいなので、緩くなってきたらインソールを変えて対処しようと思います。
あとは実際に使ってみてどうかですねぇ。
アプローチシューズなので岩場のグリップ力が楽しみです。
(まぁ、モンベルのトレールグリッパーも全く不満は無く大満足だったんですけどね)

 

さぁ、試し履きしに低山に登るぞ!

相模大野【いきなりステーキ】Part8

今年もやってきました、いきなりステーキの誕生日特典!

去年はヒレステーキを頼んで大正解だったので、今年もヒレステーキでいきたいと思います。

f:id:take-bin:20210221215549j:plain

これこれ!

 

で、店内に入りメニューを開くと。。 あれ?無い。

ヒレステーキが無い。

店員さんに聞くと、「すいません、今ヒレステーキはやって無いんです。」との返答。。

えぇ~、HPの更新も滞るようになってきちゃったの?いきステさん(;´Д`)

ペッパーフード、ヤバくなってきたなぁ~。

誕生日特典、来年続いてるかなぁ。。

 

ま、無いのはしゃーない。

こちらを注文してみることにします。

f:id:take-bin:20210221214431j:plain

脂身地獄にならないといいけど。。

 

出てきたのがこちら。

f:id:take-bin:20210221214436j:plain

ん~、大丈夫かな??(;´Д`)

 

食べてみると、柔らかい肉質でうま~!

脂身も見たままで適度についており、ちょうどいいアクセントになってます。

ヒレもおいしかったけど、サーロインも旨いな~。

これなら大満足☆

 

さて、いきステさん。

来年も無事今のまま生き残ってるでしょうか。

あのパワハラワンマン社長を降ろさないと再生なんか無理な気がしますが。。(^^;